乾癬の治療に注射薬が加わりました

乾癬の治療に注射薬が加わりました

乾癬の治療に注射薬が加わりました

乾癬は症状が軽いと脂漏性皮膚炎と間違えられることも多いです。
皮膚に鱗屑ができ、フケのようにはがれ落ちるなどの症状が見られた場合は、はっきり乾癬と診断されます。
乾癬の治療は内服薬と外用薬、UVB療法やPUVA療法などを症状に合わせてうまく組み合わせて行います。
2010年からは新しい治療薬が保険適用になり、新たに注射薬も加わりました。
注射薬が使用されるのは、骨破壊が起こって関節が変形してしまう関節症性乾癬や尋常性乾癬の患者です。
膿疱性乾癬や乾癬性紅皮症の患者に使用されることもあります。
ただ、感染症や血液障害、肝機能障害などの副作用が起きる可能性もあるので気をつけなければいけません。
乾癬の治療を専門としている医師の治療を受けるようにすることです。
ちなみに、乾癬は白人に多く、有色人種には少ないと言われています。
国内における乾癬の患者数は10万人前後と言われており、女性よりも男性の患者の方が多少多いです。

お知らせ

一覧

医療求人情報にこれから注目をするとしたら

乾癬の治療に注射薬が加わりました

脱毛施術なら医療レーザー脱毛で

医療はどんどん、進歩していくから